FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと一言

 9月に入りました。そろそろ課題を片付けていこうかな、と思っているのですが、体調を崩したり雨で大学に行く気力が起きなかったり。ええ、後者は完全に言い訳ですね。反省。

 政権が変わりました。どうなるのかは一切不明です。外交とか、安全保障とか、個人的には不安だらけなのですけれども。
 僕は経済学部ですから、財政面くらいでしたら多少は考えられます。たとえば、徹底的に無駄をなくそうと謳っているそうですが、それはそれで危ない事だと思います。
 まず、それが世間から見て有益だろうと無駄だろうと、何らかの消費活動をしているのであれば、それは政府支出という事です。よく、公共事業なんて穴を掘って埋めるの繰り返しでも構わないのだという説明を聞くと思いますけど、あれはつまり、政府が市場にお金を出してお金の循環を良くしてあげれば景気も回復するという考え方です。お金の流れが悪いからみんなが財布の紐を締めるのであれば、政府がお金の流れを良くして財布の紐を緩めやすいように導いてあげよう、みたいな感じ。エコカー減税とか、高速道路1000円とかもこれと似た考えからのものです。
 さて、あんまりにも厳しく政府の無駄遣いを切る(政府支出を小さくする)とどうなるでしょうか。まず、それに従事していた人間は職を失います。それに関連した商売をしていた会社は売上が落ちます。下手したら倒産してしまう場合もあるでしょう。お金の流れというのは上から下への一直線ではなく、循環しているものです。100万円を使って、次にその100万円のうち70万円が使われて、次に70万円のうち49万円が使われて……、というように回っているのです(乗数効果)。だから、職を失った人、仕事が減った会社の周りのお金の流れにも影響があるでしょう。もっと悪いケースを考えると、大量に仕事がなくなったら失業率にも影響が出て、そのニュースを見た、ほとんど関係が無かった人の消費心理にも悪影響を及ぼすかもしれません。
 物事には繋がりというものがあるのですから、良かれと思ってやった事でも思わぬところで思いもよらぬ現象が生じてしまうこともあるのです。

 ああ、なんか割と行数を食ってしまいましたね。官僚に対する事も書こうと思ったのですけれども、これ以上書くのも鬱陶しい感じがします。結論だけ書くと、個人的には天下り等をなくすのであれば官僚の給与は大幅に上げるべきだと思います(ただし、罰則等はきつくする)

 とにかく言いたい事は、容易に目先の駒を取って満足していいのでしょうか、という事です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サブ

Author:サブ
ニートまっしぐらだぜ☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。