FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17歳です

 大学の履修も大詰めのようです。学部・学科の授業は特に人数制限というものは無いのですが、全学部が履修できる教養科目には割り当てられる教室の関係で上限人数が発生します。人気のある授業はエントリィしても、抽選で外れる事があり、漏れた人は履修人数に余裕のある(=人気の無い)授業を取って単位数を確保するのです。
 金曜日の1限目は、15人いるかいないかくらいの人気の無いやつを選んでいたのですが、今日登校してみたところ、教室がほぼいっぱい。そうか、この時間は選択肢が多くないから、抽選に漏れた人が流れ込んできたのか、などと思いながら着席。で、何か知らないが隣の人に話しかけられる。

「抽選に落ちちゃって」
「あー、残念でしたね」
「この授業最初から取ってました?」
「ん、取ってるよ」
「どんな感じ?」
「こうこうこんな感じかな。シラバスと大差ないよ」
「ところで、抽選ってどうでした? 俺はこのコマ以外にも落ちちゃってさ」
「僕は全部取れたよ。聞いたところによると、年次が上がるごとに当選確率上がるらしいよ」
「あれ? ひょっとして1年生じゃないんですか?」
「……? 一応3年だけど」
「……。すいませんでした!!!」

 うーむ、別にさほど気にしないんだけどなあ。むしろ、珍しく年下に見られてちょっと嬉しかったりしたのだけれども。普段は実年齢より上に見られがちですし。バイト先では、お客様から学生だったの!? って驚かれました。そんなに老けてるのかしら、自分(笑)
 なお、上記の会話をゼミ室でしたら、知人が「でも実際は4年生の年齢だから1年生から見ればおっさんだよね」とか口にしたので、とりあえず殴っておきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サブ

Author:サブ
ニートまっしぐらだぜ☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。