スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拘れ

 須田帆布のカバンが欲しいです。お買い物トートとか、メッセンジャとか、良いですよね。元々トートとかショルダが好きですし、がんがんと荷物を詰め込めるタイプを好むので、そういう意味では相性がいいのかもしれません。あと、同人誌をいっぱい詰め込むのにも……、げふんげふんげふん。
 作り手に拘りのあるモノは、少なからず素晴らしいものを内包していると思います。自分もそんなものを作ってみたいものだと思ってみたり。がんがんがんがん。
 でも、ホイホイと買うにはお財布事情がね、なんていうか、その……。
 あ、でも25日はお給料日でした(実際は日曜なので前倒し)。いやっほぅ、締め日の関連で、ちょっとだけ多めに振り込まれてるぜ、へいへいへい。そして27日はクレジットの引き落とし日なんですよね。いやん。

 今週は水曜日まで学校に行くと、そこから1週間休みみたいです。でも、バイト以外にも家のお仕事で2日潰れる事が判明しています。
 近場に出かけたいな。鎌倉とかいいかもしれない。でも、ゴールデンウィークは込んでそうなので、行くとしたらゴールデンウィーク明けかな。しかし、考えてみれば、1日中休みの日というのは日曜日しかないんだった orz
スポンサーサイト

17歳です

 大学の履修も大詰めのようです。学部・学科の授業は特に人数制限というものは無いのですが、全学部が履修できる教養科目には割り当てられる教室の関係で上限人数が発生します。人気のある授業はエントリィしても、抽選で外れる事があり、漏れた人は履修人数に余裕のある(=人気の無い)授業を取って単位数を確保するのです。
 金曜日の1限目は、15人いるかいないかくらいの人気の無いやつを選んでいたのですが、今日登校してみたところ、教室がほぼいっぱい。そうか、この時間は選択肢が多くないから、抽選に漏れた人が流れ込んできたのか、などと思いながら着席。で、何か知らないが隣の人に話しかけられる。

「抽選に落ちちゃって」
「あー、残念でしたね」
「この授業最初から取ってました?」
「ん、取ってるよ」
「どんな感じ?」
「こうこうこんな感じかな。シラバスと大差ないよ」
「ところで、抽選ってどうでした? 俺はこのコマ以外にも落ちちゃってさ」
「僕は全部取れたよ。聞いたところによると、年次が上がるごとに当選確率上がるらしいよ」
「あれ? ひょっとして1年生じゃないんですか?」
「……? 一応3年だけど」
「……。すいませんでした!!!」

 うーむ、別にさほど気にしないんだけどなあ。むしろ、珍しく年下に見られてちょっと嬉しかったりしたのだけれども。普段は実年齢より上に見られがちですし。バイト先では、お客様から学生だったの!? って驚かれました。そんなに老けてるのかしら、自分(笑)
 なお、上記の会話をゼミ室でしたら、知人が「でも実際は4年生の年齢だから1年生から見ればおっさんだよね」とか口にしたので、とりあえず殴っておきました。

だが何も成していない

 半日以上を大学で過ごすって何なの? バカなの? 忙しいの? むしろ暇なの? ……、経済学部だから実験とか演習とか何も無いのになぁ。ちなみに、今日は研究室で眠ってしまい、警備員さんに起こされました。
「何してんの、君?」
「えっと、ゼミの資料を整理するよう先生に言われていたのですけれども、うっかり眠ってしまって」
 う、うそは言ってないんだからね!

 A5版の本は棚に並べるとスペースのロス(並べた本の上に本を積んだりしている。本当は書籍が痛むからやってはいけない)が大きいので、机の上に並べています。ううむ、そろそろ専門書が揃ってきたので格好良く見えるな。ただ、『うさぎドロップ』が浮いている気がする。『らき☆すた』とか『ヘタリア』は場違いな気がする。ん、むしろ専門書の方が場違いなのかもしれない。
 確実にいえるのは、統計の本と『ねこ耳少女の量子論』とかは並べてはいけないということだろう。これ、著者の先生(去年統計を教えてくださった、この分野では知らない人がいないレベルの人)が見たら怒るんじゃないかな……。

遠いようで近い

 凸缶Festivalに行ってきました。何か、気が付いたら大阪にいたんです。

 18日はしっかりとバイトだったので、日にちが変わってからの夜行バス。4000円というお値段なので、当然のごとく4列シート。まあ、日本人の平均よりかは大きな僕ですが、別段気にしません。我慢我慢……、とはいえ、隣の人に恵まれず。うん、超いびきがうるさかった。しかも、休憩ごとに降りる(僕が通路側)ので、寝かけては起こされ、寝かけては起こされ。ほとんど眠れなかった。
 夜が明けて、7時ごろに京都に到着。大阪までは行かずにここで降ります。朝ご飯を食べて、お風呂に行って(京都タワーの地下には銭湯があるんです)、本屋で立ち読みして、お茶を飲む。本当はソワレという到底男一人で行くようではない喫茶店に行きたかったのですが、今一つ場所が分からなかったので断念。四条河原町あたりとまでとは覚えていたんですけど……。調べてみると、どちらにせよ開店までは時間があったようなので、次の機会に行きましょう。
 そこから祖母の家へ。あまり良くないものが検査で見つかったと聞いていましたがそれなりに元気そうで一安心でした。1時間弱ほどお邪魔して、イベント会場である堺筋本町へ。阪急電車に乗っていきました。デザインが可愛いですよね、阪急電車。レトロな雰囲気が好きです。
 13時ごろに会場に到着。殆ど終わっている感じでした。僕自身も疲れていたのでなおそんな感じ。
 久しぶりにTOMさんに会いました。ファルさんハヤテのトートが浮いていました。よたくさんと握手しました。おやじさんは想像以上に爽やかな好青年でした。彼がこのままこの道を突き進んでいくのかもしれないと思うと、残念な感じでした。ゴン太さんにも会いました。
 オンリー後のお茶会ではサンからのプレゼントが当選。ありがたく大学の研究室の鍵に付けさせていただきました。あ、写真かなんかを添付させればよかったな。でも面倒なので略(笑)
 そっから居酒屋を冷やかして、まさかののぞみで東京まで。14000円だった。請求は来月なので、まだ痛くもかゆくも無い。新幹線高いなぁ。

 えっと、記述だと後半の大切な部分が駆け足だけど、楽しかったです。イベントに行くから、という理由をこじつけて祖母にも会えましたし。実行委員の方にこのような場で失礼ながらも感謝を。ご苦労様でした。

ワクチン債

 ワクチン債っていうものがあるそうです。金融商品です。債権ですので比較的安全商品ですけれども、外貨建てなので為替状況によっては損をしたり金利以上の得をしたり。
 さて、ワクチン債っていう名前ですけれども、債権の販売で集めたお金を実際に途上国へのワクチン支援に使うからこの名前です。集めたお金をワクチンにして配ってしまったら、どうやって出資者へお金を返すんだ? と感じる方もいると思いますが、そこにはきちんとした仕組みがあります。元々ワクチン支援をしている団体がいまして、その団体の活動資金は色々な国が寄付金としての支援をしています。出資者への返済はこれ使います。
 さて、ここで疑問が1つ。なぜ寄付金をそのままワクチンに使わないのでしょう。寄付金を返済に充てるということは、支払い利息分やその他費用分、ワクチンを購入する資金が減るという事です。
 いわく、寄付金は何年にも渡って少しづつ各国政府から渡されるそうです。つまり、ワクチン債を利用する事により、(ワクチン普及までの)時間差による被害を減らす事ができる、という理屈。
 債権販売に掛かる費用を負担してまでも短期間でワクチンを使い、一気に子供を救う事で未来の被害もなくすのが良いか、無用な費用だと思うかは、まあ、人次第でしょう。多分、三菱東京UFJで広告が見られると思います。オーストラリアドルか、USドルで、それぞれ1000通貨単位の販売だそうです。100通貨単位なら購入したんですけどねえ。

 凸缶イベントまであとわずか。多分、僕も行くと思います。現地で会ったらよろしくお願いしますね。

ノット圭吾

 気付いたら、なんか広告が表示されるようになってました。これを表示しとくと読み込み時間が短くなるそうです。ん、この書き方だと因果が逆ですね。読み込みを早くしたのでコストが掛かり、そのコスト高対策に広告を表示しとく、が正しいです。
 確かに読み込みが早くなっている(気がする?)んで、このまま置いておきましょう。

 4月も中盤戦に入りました。履修はまだ決めていませんが、アニメは一通り見ました(笑)
 僕的には、『ハヤテのごとく!』『鋼の錬金術師』『戦場のヴァルキュリア』『東のエデン』『リストランテパラディーゾ』辺りは継続して見ていこうかな。多いな……。一番の期待は『東のエデン』です。まったく調べてないので、まっさらな気持ちで楽しんで行きたいです。

計画的に

 ひょんな事からパスポートを取得しました。折角なので、台湾にでも行ってこようかと思います。えっと、6月くらいに……。授業? 知るかそんなん!
 で、通帳とにらめっこして出た結論は、圧倒的に資金不足と。
 夏までの想定される主な高額の出費としては、(行けたら)19日の大阪、月末のコミ1、来月初頭の即売会、夏コミ、友人たちとの恒例の旅行etc,etc...
 どう考えても出費が多すぎるんですよね。手持ちのマンガやらを売却してしまっても、焼け石に水ですし、別部門で支出を抑えるのは難しいし、逆に収入を増やすのも難しいし。さてはて、どうしたものやらと思案思案。こんな事なら、真面目に成績を確保して給付型の大学での奨学金を狙えばよかったなあ。

目指せ森田さん

 『けいおん』をレジに持ってくる人をちらほらと見かけました。面白かったのでしょうか? 僕は見てないので、とりあえず評判が良かったら見てみようかな、みたいな。そして「京アニ厨www」とか言われるんですね、人生踊らされて何ぼじゃ! 政府の誤報だって真に受けちゃうぞ。

 さてはて、今年度のスケジュールもとい受講を決めなくてはいけません。う~ん、バイトは続けられるのでしょうか? 色々と動こうと思うとやっぱり難しいかも知れぬという結論がちらほら見え隠れしています。
 それにしても、好き勝手に興味のある講義だけを取っていたところ、卒業に必要な科目群に殆どかすっていない事が判明しました。割と焦っている状況です。選択必修と発展科目はかなり埋まっているけど、僕の所属しているコースで必修となっている部分が手付かずです。

 ……、5年生は嫌だなぁ。

あの喫茶店

 春物のジャケットを着て出かけたのですが、予想以上に寒かったです。おまけに雨まで降る始末。ううむ、あまり外に出ないから気温が分からなくなってきています。
 高円寺まで行ってきました。新宿から10分くらいの場所です。目的地はufotable cafeです。『空の境界』の映画を作っている会社がやっている喫茶店でして、タイプムーンのエイプリルフール企画に合わせて4月1日限定メニューがあるとの事で足を運びました。ただ、気が付くのが遅かったので、限定メニューは終わってしまっていましたけど。まあ、配布していたコースターは頂けたので良かったです。
 店内は落ち着いた照明で、案外スペースはあります。今日はこの企画のためか、人が多かったですが、普段の様子はどうなのでしょうね。行った時で、20人くらい並んでいたのかな。入店に1時間以上待って、オーダーしてからもメニューが届くまで結構掛かっていました。お店の方が慣れていない印象を受けましたが、今日のための臨時人員だったのかもしれません。
 頼んだのはカレーとカフェラテ。相方はロコモコでした。どうも、どちらも調理済み商品を使用している訳ではなさそうです。多分、それが時間がかかった一番の理由かと。見た感じではキッチンは非常に狭かったので恐らく一度に量が作れないのでしょう。当初はufotableが片手間的にやっているお店かと思っていましたが、そんな考えは非常に失礼でした。喫茶業務だけでも充分やっていける良いお店だと思いました。機会を見つけて、今度は空いていそうな時間に行きたいと思います。

 詳しくはこちらが公式サイトです。高円寺からですと、駅から環七へ向かい、ぶつかったら左折。まっすぐ行くと早稲田通りにぶつかるのでそこを右折。向かって右手の道(車線としてはこちらに向かってくる側)を少しだけ進むと喫茶店があるので、そこです。

ご報告

 以前は毎日更新していたこの日記も近頃ではさっぱりですね。どうにもこうにも、忙しかったんです。と、いうのも結婚したから。お互いに実家住まいだったのですけど、さすがに籍を入れて即同居はちょっとね、という事で、物件探しやら、方々への挨拶やら、提出しないといけない書類の作成やら。
 とりあえず、奥さんが僕より4つ上の社会人なので、少なくともあと2年間はヒモ状態です。家事とか頑張ろうと思います(笑)
 一つ不安なのが、奥さんはまったくもって普通の人で、僕も「マンガ好きだけど普通の人」を突き通してきちゃったんですよね。こんなブログをやっている事も知らないはずですし、4月、つまり今月から始まるドラマは知らなくてもアニメはチェックしてるなんて想像もしてないはずです。綾瀬はるかが可愛いとは言ったけれども、釘宮理恵が可愛いなんて言えるはずありません。このまま隠し通すか、それとも徐々にカミングアウトしていくか、あるいは染めていくか……。どれを選んでも道は険しそうです。
 前述通り、なんやかんやと忙しかったし、年度の初めだし、新婚旅行は夏季休暇に合わせる事にしました。ちょっと先ですけど、その分色々な計画も練れるし、下調べも出来るし、今から楽しみです。行き先は奥さんの希望でジンバブエになりました。

 そろそろ書いていて虚しくなったので、ジンバブエで落としてみたつもりです。さっきタイプムーンのページに行ったけど、重くて見られなかったです。
プロフィール

サブ

Author:サブ
ニートまっしぐらだぜ☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。